Baccaraな日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 夏の思い出:瀬戸内国際芸術祭〜犬島編

<<   作成日時 : 2010/11/13 01:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

夜っぴいてたどり着いた、高松港から、高速船で、直島、豊島経由で向かったのは、犬島です。
岡山県に属する小さな島ですが、その昔は精錬所があり、その跡地を中心にベネッセアートサイトとして、アートプロジェクトを展開しています。
港そばのチケットセンター
画像

黒い焼杉板の壁が印象的です。

売っているお弁当もおしゃれ
画像


精錬所入口看板
画像

中は何と言いますか、三島由紀夫フィーチャーでした。
外観は仕事の関係で見知っていましたが、展示(と現代アート)の予備知識がなかったもので、少々驚きました。

好天に恵まれたのはいいのですが、とにかく暑い。海風も暑いのは、瀬戸内海のせいでしょうか。島が小さく、みどりの面積が少ないのも関係がありそうです。あまりの暑さに、出口直前の喫茶室にてかき氷を所望してしまいました。
画像

いちごとおもいきや、犬島産しそのシロップです。
かき氷なんて、何年も食べてませんが、まあおいしいこと、 おいしいこと。いくら食べても、体が冷えない、頭にキーンとこない、飽きがこない。とける間もなくたいらげてしまいました。いやあ、かき氷があんなにおいしいと思ったのは、はじめてです。それだけ暑さにやられていたということですが、とにかくおいしかった。

精錬所の奥には、近代産業遺産として、元の精錬所の施設が遺されています。今にも崩れそうな煙突やら、煉瓦積みの遺構に、往時の賑わいが偲ばれました。
画像


犬島には精錬所の他に家プロジェクトもありましたが、そのあたりは見るのもそこそこに、帰りの船の順番待ちをいたします。
このあとは、豊島(てしま)に移動です。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
夏の思い出:瀬戸内国際芸術祭〜犬島編 Baccaraな日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる