アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「ルーテシア」のブログ記事

みんなの「ルーテシア」ブログ


FFEに行ってきました。その1・ルーテシア編

2007/12/10 21:42
三月以来のイベント参加になりますが、家のセニックをかすめて、第六回French French Eastに参加して参りました。
いいお天気で、十二月というのに、会場のカルフール南町田の屋上駐車場はあたたかいくらいで、絶好のイベント日和でした。

まずは目に付いたルーテシアを
画像


これはちょいとめずらしい、CLIO 16SのPh1です。
16Sは16vの本国仕様です。どのあたりがPh1かと言いますと、写真ではわかりにくいのですが、エンブレムがいわゆるギザルノーエンブレムで、サンクのころまでと同じタイプのものがついているのと、リアのバッジが、テールゲートのガーニッシュ部についてるのの二点です。シート柄もちがいますね。

画像

こちらは、CLIO Williamsです。外観はフロントフェンダーのバッジがさりげなく2.0とはいっているのと、リアフェンダーとテールゲートにウィリアムズのロゴシールがあるのと、ホイールがゴールドなくらいの違いしかないですが、2.0エンジンとエアコンレスのスパルタンなホモロゲモデルです。

もう、同じにしかみえませんが、いや〜、いいですね。

画像

そして、こちらは現行ながら、ある意味稀少かもしれない、ルーテシア3の3ドアです。実際でかいのですが、写真で見るより実車はスタイリッシュでいいですよね。プジョーっぽいきもしますが。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3


ラストラン

2007/10/24 01:05
前夜からの雨はすっかりあがって、秋晴れのこれでもかというすがすがしい朝でした。

ルーテシアで最後のドライブです。
最後ですから、かける気合いも自ずから違います。

ひとしきり走り回った後に、立ち寄ったのが、江ノ島です。
駐車場にルーテシアを放り込んで、江ノ島を徘徊しました。
画像


江ノ島の岩屋よりの岸壁から、海を眺めます。
遠くに伊豆大島と富士山がよく見えました。
しばらくぼんやりしていました。
画像

もうルーテシアに乗れないといっても、いまいちピンときませんでしたが、なんだかんだいってもちょっぴり寂しい気持ちになりました。

ルーテシア、とても良い車だと思います。

サンクのときもそうですが、二台も続けて、納得のいく車に巡り会えるなんて、自分はなんとラッキーなんだと思います。

翌日、ルーテシアはショップに引き取られました。
短い間でしたが、ありがとう、ルーテシア。
さようなら、ルーテシア。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6


ひさしぶりに更新するのですが

2007/10/18 17:55
一ヶ月ぶりくらいですかね。

 突然ですが、この度、ルーテシアを手放す事になりました。
ルーテシアに不具合も不満も片鱗もないのですが、生活環境がかわることになり、経済的に維持できなくなるためです。すでにここ一ヶ月は乗るのを控えておりまして、それが為にブログの更新がなかった次第になります。

 渋々手放すというよりは、自ら進んで手放すので、サンクのときのように悲しい事はなにもありません。しばらく維持したままでもいられないことはないのですが、とても良い車だったので、中途半端に維持するのは、ルーテシアに申し訳ないので、早々にショップにひきとってもらう事にしました。専門店であれば、また良いオーナーに巡り会えるでしょうから、主治医のところに返します。

 五ヶ月弱の所有期間でしたが、前半三ヶ月で軽く7000kmを乗りました。元々、一年少々あった車検期間のあいだだけ乗ろうかというつもりだったので、サンクの時の、最後の一年間の走行距離に匹敵するだけ乗りましたので、一区切りできるのかなというのもあります。

今週末にショップに持っていく段取りになりまして、その後、当面は車なしです。
何年か先になるかと思いますが、またルノーに乗りたいと思います。(まあ、ルノーに乗れないのであれば車はいらない、ぐらいの心づもりではあります。)

私事で恐縮なのですが、ブログを通じて沢山の方にお世話になりましたので、お礼をかねて取り急ぎご報告です。

本当にお世話様でしたm(__)m
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


洗車+α

2007/09/09 21:06
気がついてみればあっという間に夏は去り、すっかり秋めいてきました。

先週は、知人を訪ねて、ルーテシアで名古屋に行ってみました。
車で行くのは初めてだったので、試しに往路は下道で行ってみました。
国道246号線をひたすら西進し、沼津の手前から国道1号に入り、これまたひたすら西進です。例によって夜っぴいて走ったのですが、やはりしんどいもんですね。名古屋駅近辺での渋滞にもひっかかってしまい、結局実走8時間かかりました。復路はさすがに高速をつかったのですが、同じ道のりを4時間少々で帰って来れましたから、高速料金7000円は高くはないなと身を以て感じました。
ちなみに、名古屋往復をすませて、累計走行距離7000km達成です。三ヶ月で走り抜けましたが、サンクの三年目は年間で7000kmでしたから、よくよく走ったものです。

はてさて、夏の間はほぼ乗りっぱなしだったものですから、この週末は、洗車と室内の片付けを行いました。ちょっと奮発して、コーティング剤を買ってみましたが、固形ワックスとはつやが違いますね。

なかなか良いです。
画像


親の車がいない隙に洗車をしていたのですが、終わる頃に帰ってきてしまったので、並べて撮ってみました。年式は三年と違いませんが、デビュー年次で行くと五年は違うので、意匠は少々隔たりがありますね。ルーテシア2とセニックを並べるともう少し統一感があるのではないでしょうか。

実はセニックは来週でお役御免なので、ついでに何枚か写真をとってきました。免許取り立ての頃にさんざん乗り回した車なので、それなりに感慨深いものがあります。都合八年うちにいたのですが、まあ、いろいろありました。エンジンブローまでやってますから、圧倒的にサンクより手がかかってます。
ルノーの楽しさと、恐ろしさの両方を教えてくれた車です。

画像

最後にちょっと乗り回してやろうかと思います。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


街であまりみかけません

2007/08/23 12:33
お盆は身辺が慌ただしく、ルーテシアに乗る暇がありませんでした。
イベントのご案内も頂いたのですが、行けずじまいでした(しいさんいつもすいません。)
ようやく落ち着いてきたので、昨夜は久しぶりに夜走りしてきました。
鶴川街道〜246をループです。

ルーテシアに乗り換えてからかれこれ、三ヶ月。

その間にすれ違ったルーテシア1はたったの2台。
2台とも同グレードの16v。

ちなみにサンクも同じく2台見かけました。

ルーテシア1は、ヤナセがあつかっていた頃の車なんで、販売台数的にはそこそこ出ているとは思うんですが、近頃はとみに見かけなくなってしまいました。

2はよく見るんですがね〜。まあ、現行ルーテシア3もまだ一回しか見た事ないですが。
1はちょっと地味な印象があるので、16vやバカラなどの特色のあるグレードに脚光が当てられがちなんでそうか。サンクなんかそういう傾向がありありでした。ただでさえ不人気車ですから、仕方ないですね。イベントの写真をとりだしてみても、1はボンネットがぷっくりの16vが多いです。ph1のRN1.4 3Door MTなんて、のほほんとしてそうで、きっと最高だと思うんですがね〜。

サンクがそろそろ、クラッシックな地位を獲得しようという今にあって、ルーテシア1はその前になくなってしまうんではないかと思われてなりません。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ルーテシアの燃費

2007/08/08 15:44

ルーテシアが来て、かれこれ二ヶ月と少々になりました。まあ、ざっと5500kmは走ってしまいました。いくらガソリンに使ったか考えると、恐ろしく計算できません。

16vはMTですが、1763ccと図体の割に大きめのエンジンですから、それほど燃費はよくありません。
先週末はまた懲りずに、那須黒磯界隈を日帰りで徘徊してきたのですが、高速計130km渋滞ありと夜中の国道四号と那須界隈の下道をエアコンオンで、通算燃費が11.7km/Lでした。
エアコンつけっぱなしですから、まあ、こんなもんかなと。

乗り始めはMT初心者だった事もあり、平気で10km/Lを下回っていました。最近はちっとはまともに運転できるようになったので、下回らなくなりました。慣れてきたのを良い事に、つい、アクセル開き気味でそこから燃費がのびないという噂もありますが。
web上の情報によるとまあ、10km/L以上が一つ目安のようなので、こんなもんだと言う事にしておきます。

ガソリン高騰の折に、あんまり経済的ではありませんね。
そのかわり楽しいのには違いないです。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


ドライブレポート:山形にそばを食べに行く

2007/08/01 21:24
先週末は、ルーテシアで、山形までそばを食べに行きました。

・・・日帰りで。

外環道から、東北道を一路、白石でおりて、蔵王を抜けて山形入りです。
ルーテシアでは初めての遠出になりましょうか。

エコーラインを下って、かみのやま温泉でまずは一風呂。
数ある公衆浴場でも雰囲気のある下大湯に行きました。うっかり写真を撮り忘れです。

はてさて目的地は山形市の長谷堂にある「よしてい」というおそば屋さんです。
ご亭主が、古民家をお店に仕立てて数年前にひらいたそうなんですが、これがなかなかの腕前で、ここに行くようになってからというもの他のそば屋に行く気が起きなくなってしまいました。
画像


板そばはもちろんのこと、げそ天も絶品です。

お昼時ではありましたが、これでもかというわかりにくい場所にあるにもかかわらず、お客さんでいっぱいでした。

お次は赤湯温泉に繰り出して、これまた一風呂。
ついでに飲泉もしてきました。
画像


赤湯に行くのは初めてではないのですが、飲んだのは初めてです。
硫黄の香りと硬度の高い感じで、がぶがぶいくもんではないですね。
足湯も併設です。
画像


さて、日帰り山形行のしめくくりは、山形きっての有名ラーメン店「龍上海」本店で辛みそラーメンです。熱くて辛いラーメンを食べ終わり、お店をでた直後から、あ、また食べたいと後を引くラーメンです。

帰りは国道十三号を南下し、米沢から栗子峠を抜けて、福島飯坂から東北道で家路につきます。五時前に出発して、十時前には帰宅出来ました。
日帰りはまあ、のんびりはできませんが、富士五湖辺りにいって、日曜の午後帰ってくるのと比べると、似たような所要時間で、すいすい帰って来れるので、思ったよりわるくないのかなと思いました。
そばもラーメンも、わざわざ食べに行く価値のあるおいしいお店ですし、取りあえず遠出をするという目的も満足出来て、良いドライブでした。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3


夜走り×和田峠

2007/07/26 11:48
昨日は仕事が引けるのが割合早かったもので、念入りにウォーキングでもしようかと、ゆっくり食休みをしていたところ、知人から一本の電話がありました。
「中央道乗って、八王子まで来い」とのこと。
面子を聞いてみると、車道楽の先輩もいっしょとのこと。

・・・どうやら夜な夜な走り回っているのがばれてしまったようです。

結局相模湖でおちあい、和田峠へ行ってきました。
峠の走り屋を目指している覚えはないのですが、ライン取りのレクチャーをうけてきました。
まあ、先輩の国産ミニバンにかるがるとちぎられてしまったので、練習したほうが良いのはまちがいないですが。でも、ホント最速とか目指してないんで、勘弁して下さい、センパイ。

和田峠は陣馬街道にある峠です。藤野からあがり、西八王子におりました。藤野側は、裏ヤビツなんかより広くて、走りやすかったです。景色もなにもないので、ただ走るだけであまり行こうとは思いません。その昔先輩方に何度かつれてきてもらって以来でした。


いつもは自分のペースでのんべんだらりと走ってるもんですから、しゃかりきに走られると疲れますね。
平日の夜にはうかつに電話に出ないように気をつけます。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


相棒について

2007/07/25 09:33
さて、私のルーテシアは初代ph2のスポーツモデル「16v」になります。
前後オーバーフェンダーとボンネットのパワーバルジ、15インチアルミホイールを装備し、パワートレインにガソリン直列四気筒1.76LのDOHCエンジンを搭載、内装には、三連メーター、セミバケットシートがあつらえられています。

画像



位置づけとしては、サンクで言うGT-Tに相当しますが、爆発的なトップスピードは引き継がれていません。それでも、レブリミットまで軽々とふけあがるエンジン、精密なステアリング、良く効くブレーキと、基本的な事がしっかり積み上げられた、乗っていて楽しい車です。

私見ですが、サンクバカラのシートと比べてしまうと、シートの出来はいまひとつですね。
長時間乗っていると腰に違和感を感じてしまいます。
全体的に固めといいますか、しっかりしたつくりの印象ですが、サンクのような柔らかさにはかけます。

設計年数でいうと五年も変わらないのですが、内装などの全体的な品質は格段に向上していると思います。
また、エアコンががんがん効くのにはおどろきました。風がびゅうびゅう吹き出してくるんです(笑)

最終的には乗り倒してなんぼの車であるのかと得心しておりまして、ひきつづきガシガシ乗りたいと思います。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Lutecia1について

2007/07/24 17:43
 ルーテシア(Lutecia)は90年にデビューしたルノーのコンパクトカーで、サンクの後継車種にあたります。エクステリアやエンジンはサンクのものから一新されていますが、内装などに一部引き継がれたものもあります。本国名はクリオ(Clio)といいますが、日本では、ホンダの販社がクリオの商標をもっているため、ルーテシアの名が冠されました。
91年にはヨーロッパカーオブザイヤーを受賞しています。
画像

デビュー後、95年と97年にマイナーチェンジをうけ、それぞれph1、ph2、ph3として区別されています。ph1、ph2の変更はもっぱらエンジン排気量の拡大など、メカニズム面の違いが主ですが、ph3ではファイスリフトなどエクステリアでの変更もなされています。
日本には、91年にJAXが輸入販売を開始しました。(ph1)この後JAXが撤退し、一時販売がとまりますが、ヤナセによって輸入が再開されます。(ph2〜3)ここまでをルーテシア初代、ないしはルーテシア1と呼びます。98年と2005年にフルモデルチェンジ受けて、それぞれ、2、3をつけて区別します。


参考:ルーテシア1 日本導入モデル
▼ph1
RN 5MT 3ドア 1.4L OHCエンジン 
RT 4AT 3/5ドア 1.4L OHCエンジン
Baccara 4AT 3ドア 1.4L OHCエンジン 本革シート/ウッドパネル内装仕様
16V 5MT 3ドア 1.76L DOHCエンジン スポーツグレード

▼ph2(95〜)
RN 4AT 3/5ドア 1.4L OHCエンジン
RT 4AT 3/5ドア 1.8L OHCエンジン
Baccara 4AT 5ドア 1.8L OHCエンジン 本革シート/ウッドパネル内装仕様
16V 5MT 3ドア 1.76L DOHCエンジン スポーツグレード

▼ph3(97〜)
RN 4AT 3/5ドア 1.4L OHCエンジン
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


タイトル 日 時
Petie assemblee
Petie assemblee 連休前の金曜日、Blog上でお世話になっとります、Alfa Romeo 164Q4乗りのJOEさんとミーティングをさせて頂きました。 場所は「道の駅八王子滝山」です。 約束の時刻に、遅れてしまい、出ばなからご迷惑をかけてしまいましたが、ピカピカで威風堂々の164を拝見させて頂きました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/07/18 20:13
夜走り×天城越え
これまた先週の金曜日のことになりますが、例によって念を入れて夜走りをしてきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/13 02:52
夜走り×道志みち
先だっての土曜日は、翌日休日出勤にもかかわらず、念入りに夜走りを敢行してきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/07/05 19:33
新たな相棒
新たな相棒 新しい車がきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2007/06/28 20:11

トップへ | みんなの「ルーテシア」ブログ

Baccaraな日々 ルーテシアのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる