アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「グルメ」のブログ記事

みんなの「グルメ」ブログ


四国「食」道中〜さぬきうどん編

2010/11/29 23:55
四国道中の最終日は、愛媛県西条市から取って返して、再び香川県です。
今日は、さぬきうどんを堪能する予定です。
まず向かったのは、「山越うどん」
個人的には、前回非常においしかったので、再訪を強く願っていました。
製麺所だけあって、朝九時からあいているので、一番目にはぴったりです。
九時半過ぎについたのですが、平日のその時間で、駐車場は、満車、お店の外に短いながら行列、とさすが有名店の風格です。
画像

ここで頂いたのは、釜玉うどん。熱い釜揚げのうどんに生卵を絡ませて、たれをかけていただきます。いやあ、うまい。もちもちして、こしがあるのはもちろんなんですが、うどん自体ににうまみがあるんですよね。初めて食べたときの感動そのままでした。
まず三玉。

次のお店に向かう途中、時間があるので立ち寄ったお店「まいどまいど」
強いこしが特徴とのことで、ぶっかけをいただきます。
画像

こしはものすごく強いのですが、山越うどんのあとだと、ちょっと物足りない感じです。
一玉。

さあ、いよいよ今回の目玉、「日の出製麺所」です。
画像

行列必至、有名店中の有名店。なぜなら、開店時間が11:30〜12:30の60分のみという、「幻」のうどん店であるためです。
卸を主とする製麺所だったところ、その場で食べたいという客のリクエストに応え、店内の土間を昼の時間だけ解放するようになったとのこと。
写真は11時に到着した時点での行列です。

いやあ、夏休みとはいえ平日ですよ、平日。
他所様のことは言えた義理ではありませんが、みなさん熱心でいらっしゃいます。

幸い、一巡目で入店できましたが、まあ、メニューが、あついの、ぬるいの、つめたいの、の三種類に玉数を、並んでいる間に、オーダーし、席につくと、どんどん運ばれてくるので、自分が頼んだものを宣言してうけとるという、スパルタンな仕組み。お店ごとの仕組みの差が激しいのもさぬきうどんの醍醐味ですが、やはり有名店は違います。

画像


最初の百玉は香川県の独自品種、讃岐の夢2000使用とのことで、すこし柔らかめのもっちりとした食感でした。ここのうどんも、やはり、麺自体にうまみがあります。暑い中並んだかいがありました。
ここでも三玉。

午前中のみで、都合七玉平らげたところで、今回はギブアップ。
前回同様、おいしいと言われるお店から行ったので、満足したまま帰ろうという趣向。
妙なものたべて、台無しにしては困ります。

いやあ、何回食べても、本場讃岐うどんはうまいです。
おなかぱんぱんで、こんぴらさんに向かいます。
(あれ、最終回じゃなかった)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


夏の思い出:四国「食」道中〜今治編

2010/11/28 00:44
直島から、高松港にもどってくると、取る物も取り敢えず、C4に飛び乗って、一路愛媛を目指します。
目的地は西条市丹原町。
こちらには、大学時代の友人がいるんです。
過去の四国行でも世話になった、あの男前です。

今回は、彼の案内で、今治市の名物、今治焼鳥を食べにいくのが目的です。
日本一を称する、今治は、焼鳥屋さんがたくさんあるんですが、特徴は、「鉄板」で焼き鳥を焼き上げることです。

丹原から今治も大概遠いのですが、友人の運転で向かったのは、「山鳥」(さんちょう)というお店。
今治の町でおもったのは、確かに焼鳥屋さんがたくさんあるのですが、「今治焼鳥」を掲げてるお店はみあたりません。そりゃあ、今治では、焼鳥は鉄板で焼くのが当たり前ですから、鉄板でやくからといって、今治をつける必要はないわけで、昨今話題のにわかB級グルメとは違い、歴史の厚みを感じました。
画像

今治焼鳥の代表的存在で、お店に入ってきた人がまず頼む、「皮」です。
これが、やわらかく、こうばしく、かむほどに甘みがでてきて、うまいのなんの。
ほかにも、串に刺した葱間やら、せんざんぎという唐揚げなど、出てくるもの出てくるもの、おいしいものばかりでした。食べるのに夢中になって、写真をとっていないというていたらくです。

運転が控えていたので、ビールが飲めないのは、残念でしたが、旧友とウーロン茶を酌み交わしながら、今治焼鳥を堪能することができました。

この日は、西条市のシティホテルに泊まりました。
いい加減続いた、夏の回顧録ですが、次回さぬきうどん編で最終回です。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


春の山形:赤湯でゆったり

2010/04/24 01:14
春なのに雪まみれな山形行二日目は、雪まみれなC4を前に途方に暮れるところからスタートしました。
蔵王エコーラインは除雪がきちんと入るのですが、宿の駐車場から出るのに一苦労しそうなので、昼頃までまったりです。
宿の若旦那はすっかり保護色です。
「お散歩にはもってこいではないですか」
画像

「・・・」
画像

「あれ」
画像

「まだ行かないんですか?」
画像

見送ってくれたんだか、散歩に行きたかったのか、定かではありませんが、別れを惜しみつつ坊平高原を後にします。

目的地は当然赤湯温泉です。
昨晩お世話になった酒井ワイナリーにお邪魔します。
画像

BirdUp Wineとは、自社ぶどう畑のある「鳥上坂」をそれらしく英訳した、ブランド名だそうです。
画像

山形らしからぬ、小洒落てあか抜けたお店ですが、自分のイメージするワイナリーと比べて、たたずまいがさりげなさすぎて、素通りしてしまいそうです。
画像

画像

看板は創業当時のラベルを復刻して使っているそうですが、センスがいいですよね。
店内も当然、センスよくディスプレイされ、ワインもジュースも試飲OKで、詳しく説明していただけます。
私はドライバーのため、ジュースの試飲でがまんがまん。

このあと赤湯温泉でひと風呂あびるのですが、風呂上がりには、またこちらによって、ソフトクリームを賞味しました。ヤマブドウソフトクリームがさわやかでおいしかったです。

昼食は、酒井ワイナリーさんで伺ったおすすめのそば屋さんに向かいます。
画像

龍上海赤湯本店を素通りするという暴挙を犯してまでいったおそば屋さんです(笑)
板そばをいただきました。
画像

つきだしにそばの実が出てきたり、国内産そば粉にこだわったり、そばへのなみなみならぬ愛情を感じます。そばもつゆもとても丁寧につくられていますが、そばの香りが今ひとつ足りないというか、よしていのそばにはかなわないというか、すこし物足りなく感じてしまいました。
追加でたのんだカレーうどんが絶品だったことを付記しておきます。
山形で、そば・うどん両方出すお店って少数派だと勝手に思ってるんですが、ここはわざわざそうしているだけの理由はあるなと、うどんを食べておもいました。

ワイン試飲して、そば食って、風呂はいって、ソフトクリーム食べたところで、今回の旅行の目的は達成されたので、13号線を南下し、帰路に着きました。
画像

虹もでてました。

久々の栗子峠です。
画像


ひさびさのドライブで、妻曰く、「学生のときのノリだよね、これ」という話ですが、これ、還暦の両親発案の家族旅行です。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


春の山形:羊パーティーその2

2010/04/20 01:53
結論から言うと、蔵王エコーラインも東北道も一切問題なく帰って来れたんですが、いやあ、四月の雪には参りました。

さて、羊パーティーの続きです。
画像

こちらは赤湯の老舗ワイナリー、酒井ワイナリーの赤のまぜこぜです。
渋みもえぐみも強いのですが、ぶどうの濃厚な香りと、深い味わいが広がり、くせになるワインです。

下戸の私は二杯目以降はブドウジュースです。
画像

こちらも酒井ワイナリーの蟻ぶどうジュースです。
100%果汁だと濃すぎるので、50%のものです。それでも十分濃かったです。

ジンギスカンは初期のレシピで作ったたれにつけ込んだそうです。
画像

甘辛い味付けがとてもおいしくて、白いご飯がほしくなってしまいました。野菜も自家製だそうです。
ネギとキャベツが、びっくりするほど甘くて、肉の濃い目の味付けと調和して、驚きのおいしさでした。

今回は何が贅沢って、食べ物、飲み物の品質のたかさもさることながら、羊の生産者+ワインの生産者と同席し、いろいろなお話を伺えたことでしょうか。

次回は二日目(最終日)の話です。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


春の山形:羊パーティー

2010/04/18 11:01
我が心のふるさと、山形からひさびさのメールが届いたのが木曜日。
「今週末、近所で羊を解体するので、食べにきませんか?」
これを聞いては、じっとしていられません。
そんなわけで、家族総出で東北道にのったのが、昨日、土曜日。
山形って、一昨日の今日で行けるほど近かったかなあと、思いつつ、C4でドライブです。
季節外れの大雪で、東北道通行止めやら、山形道通行止めやらで、時間こそかかりましたが、11時過ぎに東京を出て、まだ日のある17時半には坊平高原につきました。

一休みもそこそこにパーティー会場に向かいます。
ログハウス

まず出てきたのは肉じゃが?
画像

と思ったら、すね肉のアイリッシュシチューです。

メインディッシュはこちら
画像

手前から時計回りに、ロース肉の軽いロースト、ジャガイモとひき肉のオーブン焼き、もも肉のロースト、自家製ハムのカナッペ、自家製ブルーチーズのカナッペ、ソーセージです。
今回振る舞われたのは、2歳と8歳のマトンでしたが、グラスフィード100%で、全く臭みがなく、言われないと、マトンとは気付かないほど、おいしいお肉でした。
肉の味が濃厚なんですよね。でも、臭みもくどさもないので、おいしかったです。

で、坊平高原で一泊して、今日、なんで久しぶりのブログ更新かというと、
画像

車がこのような事態で、身動きが取れなくなっているのでした。
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


年末年始・京滋散策 その1〜京都編

2010/01/10 23:00
今年もよろしくお願いします。と、今頃投稿初めです。
年末年始は滋賀を起点に、京都まで足を伸ばしてみました。

手始めは、京都四条にある、東華菜館にて、忘年会です。
画像

洋風建築ながら、京都の町並みに溶け込んだたたずまいですが、それもそのはず、戦前からある建物で、ウィリアム・メレル・ヴォーリズ氏の手による由緒ある建築だそうです。いわゆるヴォーリズ建築というやつですね。
画像
写真の通り、北京料理のお店です。もとは西洋料理のレストランだったそうですが、戦中の世情により中華料理に鞍替えしたとのこと。歴史の重みを感じます。

料理もちょっと紹介しておきます。
画像

前菜盛り合わせに、いきなりの伊勢エビ登場で否が応にも興奮します。

画像

メイン料理をすっ飛ばして、デザートの揚げ餅。こってりもちもちで、おいしかったのですが、最後の最後にヘビー級の登場で完全ノックアウトです。

料理は素材も調理法もすばらしく、本格的でした。
同道者いわく、昔はもっと日本人にこびない味だったとのことです。
個人的にはおいしさと本場の雰囲気のバランスがとれているので、良いと思います。
店構えから、ちょっと気軽に、という雰囲気ではないですが、ランチはほどほどの値段で食べられるようです。


食後はお上りさんらしく、新京極を歩きます。
錦の市場に行きたかったのですが、少し時間が遅く、軒並み店じまいの真っ最中でした。
錦天満宮はまだまだにぎわっていましたので、こちらでお参りしました。
画像


帰りは三条から帰ったのですが、駅ビル(?)が京都風で、凝っていました。
中庭を囲むようにお店がならび、ライトアップされて、非常にきれいでした。
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Citoroen C4と肉のかたまり

2009/11/23 18:47
実家の車ですが、親父殿の「40年来の悲願」であったシトロエンになりました。
C4サルーンの1.6Lです。
画像


クーペの1.6を探していたそうですが、中古では見つからず、サルーンで妥協したそうです。

まだあんまり乗っていないのですが、
○低速ではばたつきが目立つが、高速度域では粘りがでてくる足回り
○街乗りではさっぱりシフトアップせず、常に高回転トルクフルなATプログラム
○踏みしろが深く、がっちり効くブレーキ
×サポート感はしっかりしているものの、固〜いシート
×何もかも電子制御で、ワンテンポ遅れる感じの操作感

というのがファーストインプレッションですね。

で、先日は家族で千駄ヶ谷にステーキを食べにいきました。
近場のくせに、C4で行きます。

本日のお店は「ステーキハウスChacoあめみや」です。炭火焼ステーキの有名なお店です。

店内の石釜で炭火で焼いてくれるのですが、本日は名物のブロックステーキを頂きました。
1Kg以上のかたまり肉に岩塩をすりこみ、炭火であぶり、テーブルの上の熱した鉄板の上できりわけてくれるというもの。
画像

本日は1.2Kgのリブロースをお願いしました。
画像

結構なボリュームです。
レアもレアの状態ですが、熱したキャストの器に盛りつけ、程よくあたためながら頂きます。
画像

お肉はやわらかく、甘みがあっておいしかったです。
味付けはバターと醤油を落としてこんがりしたところを頂きますが、テーブルにおいてある胡椒が鮮度が良いのでしょうか、絶品でした。
穀物肥育のオージービーフで、脂身が少なく、ぺろっと半パウンド以上平らげてしまいました。
シェフに食べっぷりをほめて頂きまして、「次は一人で1Kgチャレンジしにおいで!」とおっしゃって頂きました。

私はドライバーでしたので、ワインは頂けませんでしたが、オリジナルのワインもおいてあり、充実したワインリストでした。
ひときわ異彩だったのが、こちらの飲み物。
画像

ええ、ラムネです。
まあ、ラムネが置いてあるのはいいとして、まず、お値段が100円。
お店の利益がほとんど乗ってません。
さらに、頼むと瓶がどかんと、やってきます。
氷もグラスもついてきません。
う〜む、歴史のあるお店は違います。

なんにせよ、おいしいお肉をたらふくいただきました。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


こんなところに??

2006/06/27 23:14
ネットサーフィン中みつけました。
シュペールサンク
表参道にあるフレンチのお店だそうです。
アルファベット表記もずばり、「Super5」とのこと。
なんといいますか、これはきっと同志に違いないと思うのです。

是非是非由来を伺ってみたいものです。
いづれ来訪してみたいと思います。

期末のため、涙が出そうなほど忙しく、blogの更新がままなりません。
ちなみに、午前中に更新したほうが、アクセスが増えます(笑)
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2


トップへ | みんなの「グルメ」ブログ

Baccaraな日々 グルメのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる